ウルトラバイヤー

今回、食器買取ランキングでの堂々のNO.1、その第1位はウルトラバイヤーに決定しました!2位以下の各社ともに、表面的に見比べれば、どこも同様のサービスを提供しているように見えますが、実際に調べて詳細を追っていくと、各社ともに、得意、不得意と思われる分野があることがはっきりしてきました。

ウルトラバイヤーと他のメジャーな買取業者を分けた大きな差の一つ、それは、新しい即ウルというサービスにありました。

こちらは、買取希望のユーザーが、スマホやPCのカメラで売りたい品物を査定してもらうというもので、わざわざ宅配で品物を送って不安な査定を依頼する必要がありませんし、査定に出かけるために外出着に着替えることもなく、家着のまま、カメラを通して査定員に指定さけた箇所を見せるだけで、査定が終了するという大変にユニーク、かつ、コンビニエンスな買取方法です。カメラだけで、その場で買取が決まれば、もう即座に現金で振込んでもらえるという画期的なシステムです。これは、従来の、出張、宅配、店頭による買取のパターンに、新しいページを加える画期的なサービスといえます。

この「即ウル」の優位性は、恐らく、買いたたくことを念頭に買取をしているような他社では、なかなかまねのできないサービスであるという点でしょう。品物よりも先に査定金額を振込むということは、業界の常識を塗り替えるサービスですし、資金力のない他社ではまねのできないシステムです。これから、ウルトラバイヤーさんの「即ウル」は間違いなく大ブレイクするに違いありません!

他社を大きく引き離した二つ目は、ウルトラバイヤーさんの持つ、海外マーケットにおける販路の広さと多様さです。ブランド食器、贈答用のノンブランド食器、和食器など、幅広く取り扱い、販売するには、世界的な販路を確保していることが高値買取には不可欠です。いくら買い取っても、売ることができなければ高額買取を実現することは絵空事になるでしょう。しかし、こちらのウルトラバイヤーの海外での食器取引先数は2位以下を大きく引き離してダントツでした。例えば、具体的に「海外1200社以上と複数契約」、「海外輸出量は毎月数十万トンにも達する量になっている」と海外の販路に関してのアナウンスをしています。しかし、2位以下の各社は『広い販路を持つ』というあいまいな表現に終始しており、その信頼性に欠けている業者さえあることがわかりました。ウルトラバイヤーさんの具体性のある販路に関する言及は、高額の査定を提示するだけのことではなく、実際に高値買取の希望を持つユーザーが、自分の持つ貴重品を託す業者としての信頼感、安心感を満たしていることを確信させます。

単なる海外オークションによる転売であるにもかかわらず、『広い海外販路』などと広告している業者が多いことも事実です。しかし、ウルトラバイヤーは「即ウル」を含めたリアルな買取実績を持っています。食器買取は、買取業者の腕の見せどころ、その業者の買取技量が問われる分野といえます。例えば、買取可能な食器の状態、種類、ともに、ウルトラバイヤーさんは、食器買取の面でトップクラスのユーザービリティを発揮しています。それは、新しい「即ウル」のシステムを含んだ、ユーザー視点でのさまざまサービスを展開し、可能な限り高値での買取を実現するための様々な親切な取り組みに現れていました。この点は他社を引き離した大きな要因です。

このことは「他店で断られた物を買い取る」という姿勢に見られています。各社、同様に表向きは「他社で断られた物を買い取る」旨の広告をしていますが、実際の買取場面では、『壊れているものは買い取りをしない』、『処分品は取り扱わない』、などと、消極的な姿勢を見せています。しかし、ウルトラバイヤーさんは、たとえ、買取査定ゼロとなってしまった食器でも、『45リットル袋分を1000円で買い取る』というサービスを打ち出しています。新しい「即ウル」による査定と併せて考えてみると、やはり、ここでもウルトラバイヤーさんは、ユーザーの立場に立ったサービスを徹底して貫いている様子が明らかになりました。他社ではなかなかまねのできない特徴といえます。

現在の円安傾向、2020年の東京オリンピック、増加傾向を見せるインバウンドでの旅行ブームを背景に、今、海外では空前の日本ブームが起きています。海外での食器買取相場の高騰により食器不足が続く中、日本からの輸出品に対しての関心や購買意欲も非常に高まってきました。このような海外事情とその市場に精通するウルトラバイヤーさんなら、現在考えられる最高値の食器の高値買取をしてくれることは確実でしょう。結論としては、国内だけでなく、世界規模で事業を展開しているウルトラバイヤーが、食器の高価買取を本当に保証できる業者であるといえるでしょう。これは、食器買取ランキング堂々NO.1の大きな理由です。

なぜ、他社の査定で「価値がない」、「販売できない」、「処分するしかない」と評価された食器だとしても、ウルトラバイヤーさんでは買取可能なのでしょうか。海外では、ブランドよりも食器のデザイン性や美しさ、数量によっては驚くような高額取引が行われているという実態があるからです。しかし、食器愛好家の世界では、価値が高騰している食器であったとしても、残念なことに日本では処分品として廃棄されている可能性があります。日本を含め、世界中の食器の需要や流行に詳しく、確かな販路を持ち、300人以上の専門の鑑定スタッフが常時在籍しているウルトラバイヤーさんであれば、こうした大切な食器を、最も高く、かつ、スピーディに安心して買い取ってもらえますから、ウルトラバイヤーさんに食器買取を任せるのは、現時点でベストな選択です。そして、何よりも新しい「即ウル」のシステムは唯一、買取業界史上最高の買取システムとなることでしょう。